ザンジバル Santa Maria Coral Park Hotel

ザンジバルへ行こうと決めたのは出発の10日くらい前でした。

ザンジバル、ドミニカ共和国、メキシコはPCRテストを受けなくても入国できる国として人気で、まわりの人たちがたくさんザンジバルに行っていたので気にはなっていました。

ANAマイルで特典航空券を見てみるとフライトは24時間かかるけど、4万マイルとサーチャージが12000円だったので、すぐに予約。

バチャータクラスで一緒のアガタも一緒に行きたいというので二人で同じホテルに泊まることに。
ホテル選びは彼女に任せて現地集合しました。

ワルシャワ出発前に空港で抗原検査をし、英語で書かれた陰性の証明書を発行してもらいました。
ワルシャワでのチェックイン時にまず見せるように言われ、乗り継ぎ地のオスロ、アディスアベバ空港でも見せるように言われました。

3フライトを乗り継いで、ザンジバル空港に到着。
アライバルビザは50ドル。
すぐにビザは発行してくれるのですが、暑い中申請書を2枚書かないといけなくて辛かったので、次に行くときは前もってオンラインでビザを申請しよう。。

ザンジバルの空港からポングウェのホテルまでは片道1時間、35ドル。
ホテルに行く途中でスーパーによってもらい、水とsimカードを購入。
Sim自体が5ドル、12GBのデータが5ドルくらいでした。
私より後で空港に到着したアガタは空港でsimカードを買ったのですが、料金は私のと同じでした。

最初の7泊はアガタとSanta Mariaに滞在。
私たちの部屋はこのバンガローの1階。



ザンジバルのベッドが高くて上り下りがちょっと大変。
ザンジバルは蚊が多くて、蚊よけスプレーは必須でした。
部屋の窓は窓ガラスがなく、網戸だけなのですが、破れてるから蚊が入ってくる。。
部屋はエアコンがないので、夜は寝苦しかった。。


ホテルのまわりには何もないので、毎日ホテルのレストランでご飯を食べていました。


この時期は雨季前でゲストが少ないためか、メニューの選択肢も3-4種類しかありませんでした。
全て13ドル。

最初の夜に食べたチキンマサラがすごくおいしかったので毎日こればかり食べてました。
メニューには載ってなくても頼めば作ってくれました。


私たちが滞在していたのはハーフムーンの時期で、朝9時から15時までは干潮でビーチはこんな感じ。
綺麗なビーチを楽しみにしていたから超ショック。。


15時以降も海藻や岩が多くてビーチでは一度も泳ぎませんでした。


午前中はレストランで仕事をして、お昼からはプールでのんびり。
最初の1週間はそんなかんじでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中