ブカレスト Bachata Take Over Bucharest Dance Festival 2019

4/26-28で開催されたBachata Take Over Bucharest Dance Festival 2019に行ってきました。
今回の記事はちょっと熱く語っちゃうので、ダンスに興味のない方は読み飛ばしてくださいw

会場はブカレストのHotel Caro。

会場に続く廊下。
左手が会場、右手は川に面した中庭。
中庭の写真を撮るのを忘れたのですが、川に面してベンチやブランコがあって
とっても素敵でした。
踊り疲れたら中庭に出て休憩したりしてました。

 

ワークショップが始まる前の会場。
4/26の17:30にホテルに到着し、急いでシャワーを浴びて、18時からの一回目の
ワークショップになんとか間に合いました。

 

初日のワークショップは18時からCarlos Espinosa & Elenora、19時からは他の
インストラクター(誰か忘れた)のワークショップ。
ワークショップは各1時間。
まずはCarlosのワークショップに参加しました。
いつもyoutubeで見てるCarlosが目の前にいる!
ワークショップはスペイン語と英語でした。
始まるとすぐにペア組んで!と言われ、急いでペア探し。
近くにいた男性がすぐに声をかけてくれ、無事ペアを組めました。
ワークショップの内容は結構難しい。。でもさすがCarlosはプロなだけあって
すごく楽しい!
やっぱり日本とはぜんぜんレベルが違うということを実感。

 

ワークショップの最後にはパフォーマンスをやってくれます。
CarlosもElenoraもかっこいい!
この動き、Elenoraの指がピンと伸びているけど、私だったら男性のお腹をぐっと掴んで
しまう。。一つ一つの動きがほんと勉強になりました。

 

こちらは翌日の二人のワークショップでのパフォーマンス。
とにかくElenoraがセクシーでかっこいい。
すべての動きが絵になる。

 

こんなプロの動きを実際に目の当たりにして、すごく勉強になりました。
ブカレストまで来てよかった。
2日目のCarlosのワークショップでペアを組んだルーマニア人の男の子コンスタンティンと
意気投合し、レッスンの後も二人で練習。
この日はイースターで、コンスタンティンが22時から家族でディナーなんだけど
その前までだったら時間があるからと、ブカレストの街を案内してくれました。
国民の館の目の前の広場に連れて行ってくれたので、そこで二人でバチャータの練習。
そのあとは公園をぶらぶらして、そこでもバチャータの練習。
ぜんぜん観光してないw

 

2日目と3日目はDaniel & Desireeが登場!
動くスペースもないくらいすごい人でした。
ワークショップはほとんどスペイン語。
2日目に一緒に組んだ男性の記憶が全くないのですが、3日目に組んだルーマニア人の
男性はまだバチャータを始めたばかりという方で、クラスにぜんぜんついていけず
ちょっともったいなかった。。

 

2日目のパフォーマンス。
Daniel & Desireeのワークショップの音楽の担当はなんとDJ Khalid!
この日のパフォの音楽は大好きなMalumaのFelices los 4でした。

 

こちらは3日目のパフォーマンス。

 

ワークショップは毎日13時から18時まで。
22時から6時まではパーティ!

こちらは午前2時くらいの会場。
インストラクターやDJが集まっています。
ここでDJ KhalidとCarlosと写真を撮ってもらいました。

 

夜のパーティは3日間朝まで参加。

 

DJ Khalid登場!
1日目は3時くらいだったかな。この時間が一番人が多かったかも。
憧れのDJ Khalidの生DJで踊れるなんて、ブカレストに来てよかった(涙)

 

午前3時くらいからインストラクターたちもパーティ会場に登場し、一般の人たちと
踊ってくれました。

 

私もCarlosと2回踊ってもらいました!
彼と踊るための列に並んで1時間待ち。
一人30秒ずつくらい踊ってくれるのですが、もう夢のようでした。
リードが結構強くて、そして魔法のように自分の体がするっと動く。
こんなの初めて。さすがプロは違う。
日本で受けているクラスでは男性はリードは強くしないように、と教わっているのですが
ぜんぜん違う。
近くにいた女の子にビデオを撮ってもらったのですが、後で見てみるとめっちゃ緊張して
私の顔がこわばってるw
翌日のソーシャルの時には並んでいるのにどんどん割り込まれて、なかなか順番が
回ってこなかったのですが、Carlosが気づいてくれて、声をかけてくれてやっと踊ることが
できました。アジア人が私だけだったのもあったためか、覚えてくれていたみたいで
私の顔を見るとすぐに声をかけてくれて、何度も一緒に写真を撮ってくれたりしました。

 

すごく上手な女性がいる!と思ったらElenoraでした。
パフォーマンスの時よりもソーシャルで踊ってる時の方が見ていて勉強になる。
ソーシャルで踊ってる時の彼女のビデオ、たくさん撮って、帰ってきてからも
何度も見ています。

 

Danielとも2回踊ってもらいました。
ここも1時間待ち。。そして女の子たち、並んでいるの無視してDanielの腕を掴んで
強引に踊ってもらってました。。
Danielのリードもやっぱり強め。そしてすごく楽しかった!

 

夜のパーティでは3日間で60-70人くらいの人踊ったかな。
だいたいみんな毎晩きているので、毎日何度も一緒に踊った人もいました。
その中でも一際上手だったのがモロッコ人の男の子で、なんと20歳の大学生!
あんな広い会場で何百人と人がいる中、いつも私を見つけ出してくれて、何度も
踊ってくれました。
サルサやバチャータって上手なだけではダメで、相性が合わないと楽しくないんですよね。
このモロッコ人の子とは相性がすごくあって、踊っててほんとに楽しかった。

サルサを始めて10年、バチャータはまだ数ヶ月ですが、今回人生で初めてダンスの
フェスに参加して、プロの動きを自分の目で見ることができて、たくさんの人と踊って
いい経験になりました。
日本ではまだバチャータ人口が少ないので、いつも同じ人とばかり踊っているのですが、
こうやってたくさんの人と踊るのって大事だなと改めて実感。

会場で知り合った人たちからは、本物の日本人初めて見た!とみんなから言われたのですが、
まさかこのフェスのためにわざわざ日本から来たんじゃないよね?と聞かれ、このために
来た、と答えるとYou are crazy!とみんなから言われましたw
いいんです、crazyでも。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブカレスト Bachata Take Over Bucharest Dance Festival 2019」への2件のフィードバック

  1. 宣言通り、熱かった・笑 
    生Carlos もKhalidも羨ましい。まるで当日の興奮が伝わってくるようでした!

    ほんとダンスって相性ありますね~!
    そして、最高のパートナーには中々出会えない。

  2. 東京でバチャータの相性があって、踊ってて楽しい人は一人くらいですね。サルサでもそんな人は一人しかいませんでした。本当にこういう出会いって貴重ですよね。
    来年のブカレストのバチャータフェス、DJ Khalidがまた来るみたい!そしてイスラエルからDJ Alejandroもやってきますよ!私は来年も行こうと思ってます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中