ベイルート The Village Dbayehでディナー

ベイルート2日目の夜はお友達がディナーに連れて行ってくれました。
場所は1日目に行ったサルサパーティがあったLily’sの近く。
アパートまでお友達が車で迎えに来てくれました。

The Villageとはいくつかのレストランやバーが集まった大きなレストラン。

 

イタリアンやいろんなレストランがありましたが、選んだのはレバニーズレストラン。

 

テラス席にしました。

 

レバニーズサラダ。これ大好き!
通常はカリカリに揚げたレバノンのパンが上にのっているのですが、ここのは焼いた
パンでした。ドレッシングがすごく美味しくて、お店の人に聞くと、ビネガーではなく
ザクロのジュースとオリーブオイルを使っているとのことで、帰りにスーパーに
寄ってもらって、サラダに使うザクロのジュースの瓶を購入しました。

 

フムス

 

レバノンのパン各種

 

この薄いパン大好き。

 

オリーブ

 

前菜盛り合わせ

 

この手前のなんだったかな。。右側のはババガヌーシュ

 

左はフムス、手前はタブレ。
タブレとはパセリとトマトのみじん切りをレモンであえたサラダ。
こんなシンプルなのに、パセリの苦味がなくてすごくおいしい。
タブレは中東の他の国でも食べたことがあるけど、ここのが一番おいしかった。

 

ブドウの葉でお米を包んだドルマ。

 

フムスのエビトッピング

 

中にはレバニーズチーズが入っている春巻きみたいなもの

 

ポテト。これ、すごくおいしかった。

 

ピタパンにひき肉とチーズを挟んで焼いたもの。間違いないおいしさ。

 

3人でこれだけ食べて、すでにお腹いっぱいなのに、ここでメインが登場。

 

お肉の盛り合わせ。パンの下に、ラムとチキンのグリルが隠れています。

 

でもお肉よりも付け合わせのこのポテトがおいしすぎて、みんなお肉には手をつけず
ポテトを再度オーダー。

 

結局お肉はほとんど手をつけず、包んでもらって持って帰りました。
このお友達は去年サンクトペテルブルクのサルサクラブで知り合いました。
日本が大好きだという彼はそのあと東京に遊びに来てくれ、今回は私がベイルートへ行き
再会を果たしました。

それにしてもポテトおいしかったな。

 

 

The Village Dbayeh
Rue principale Dbayeh, Antelias, Lebanon

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中