ベイルートでサルサ LILY’S

バールベックから戻ってきて、急いでシャワーを浴びてサルサクラブへ!

レバノン人のお友達がサルサのDJであるハゴップを紹介してくれ、彼がアパートまで
車で迎えに来てくれてサルサクラブまで一緒に連れて行ってくれました。
ベイルート滞在中はずっと彼が面倒を見てくれて、助かりました。

この日連れて行ってもらったのはLily’sというお店でのサルサパーティ。
入場料は払ってもらったのでいくらかはわからず。。

 

女の子が目をみはるほどの美人ばかり!

 

サルサは残念ながら100%LAでした。ハゴップのDJ友達のジョーが唯一キューバンが
踊れるので何度か踊ってもらいました。
ベイルートでもサルサよりはキゾンバやセンシュアルバチャータの方が人気みたい。
しかもロシアやキエフよりもレベルが高くてびっくり。
あまりのレベルの高さにこの日は怖気付いてほとんど踊らず。。
今まで行った国の中でもバチャータとキゾンバのレベルの高さはレバノンが一番かも。

 

パーティは3時までやっているらしいのですが、さすがにバールベック帰りで疲れていたので
1時過ぎには帰ることに。
帰りもハゴップがアパートまで送り届けてくれました。
帰る途中でお腹空いてない?ご飯食べる?と聞かれたのですが、こんな遅い時間にレストラン
やってるの?と聞いてみると、ベイルートには朝までやっているレストランがたくさんあるとのこと。
平日でもみんな朝の3時まで踊って、それからみんなでご飯に行ってお喋りを楽しむんだ。
僕たちは人生を楽しんでるんだよ、というハゴップの言葉が心に残りました。
来てみるまではどんなところなのか想像もできなかったレバノン、ここに暮らす人々の日常が
一瞬でも垣間見れてよかった。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中