ポルトガル ロカ岬 (Cabo da Roca)

リスボン2日目はシントラにあるロカ岬へ。
ロカ岬はユーラシア大陸最西端にある岬。

まずはRossio駅へ。
シントラに行く電車は地下鉄のRossio駅から徒歩2分くらいのところにある
こちらのRossio駅から出ています。
Google mapでRossio駅で探すと見つけられなかったので、Rossio Starbucksで
探すと出てきました。Rossio駅の1階にスタバがあります。

 

チケット売り場と乗り場は2階。
朝9時に行くとすでにこの行列。。しかも並んでる時に前に人が割り込んでくる。。
次が私の番となった時に、突然私の目の前におじさんが堂々と割り込んできたので
肩をたたいて「割り込まないで、私が先だから、列の後ろはあそこだよ」と英語で
言ったのですが、英語がわからないふりをされてそのままチケットを買いに行こうと
したので、もう一度肩をたたいて周りに聞こえるように大きな声で「割り込まないで!」
と言ったら、おじさんどっかに行きました。
結局30分ほど並んだかな。

 

シントラ行きの10:01発の電車に乗って、シントラまでは30分ほど。
電車はぎゅーぎゅー詰めでした。。

 

シントラに着いたら、改札を出て右に曲がって少し行くとバス乗り場があります。

 

ロカ岬へは403番のバスに乗ります。4.2ユーロとちょっとお高め。
11:11にバスに乗って、ロカ岬には40分後に到着。
バスに乗る前にアルゼンチンから来たというおばあさんにスペイン語で話しかけられて
なんとかスペイン語を思い出しながらおしゃべり。
なぜポルトガルで観光客であるアジア人にスペイン語で話しかけてくるのか不思議。。
私が先にバスに乗ると、空いてる席は1席だけだったので、おばあさんにお譲りしました。
が、ロカ岬までの40分、立ったままで死ぬほど辛かった。。
いくつもの峠を越えるため、ずっとくねくね道が続きます。
次のバスを待ってでも座った方が良さそうです。私、吐きそうになりました。。

 

ロカ岬に到着。バス停で帰りのバスの時間を確認してから、カフェへ。
ミートパイは2ユーロくらいだったかな。
1ヶ月ぶりの炭水化物のおいしさと言ったら!

 

カフェの窓からはこんな景色。

 

お腹が落ち着いたので、岬へ。

 

4月末でしたが、この日は15度。
みんなダウンジャケットにジーンズ。
私一人半袖にスカート、足元はサンダルで死ぬほど寒かった。

 

ずっとずっと憧れていたロカ岬。

 

海がとっても綺麗。
でもすごい強風で、寒すぎる。。

 

ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの「ここに地終わり海始まる(Onde a terra
acaba e o mar começa
)」という詩がこの石碑に刻まれています。

 

20分くらい写真をとって、ぶらぶら歩いて、バス停に戻ることに。
もっと長くいたかったけど、あまりの寒さにもうこれ以上耐えられない。。

 

ちょっと早めにバス停に戻って、バスを待って、帰りは座れました。

 

シントラ駅。

 

帰りは13:50の電車に乗りましたが、がらがらでした。

 

ロカ岬の後で、レガイラ宮殿 (Quinta da Regaleira)に行きたかったのですが、
あまりの寒さに体が冷えてしまって、諦めました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中