日本語教師資格取得

IMGP3975

去年の初めから日本語教師の資格を取るために学校に通っていたのですが、やっと
資格を取得しました。

日本語教師の資格を取るためには方法が2つあり、1つは年に一度ある試験に
合格すること、もう1つは420時間の授業を受けること。

私は後者の420時間の授業を、専門学校で受けました。

去年の1月から始めたのですが、仕事が終わった後、週に3回学校に通い、
これを大学に通いながらつづけました。
専門学校での授業は試験がなく、とりあえず授業に出席しさえすれば単位がもらえるので
なんとか頑張って通い続けました。

ちなみに大学で国文科を卒業していれば、資格を取得することなく、日本語教師として
働くことができます。

こちらは日本語での証明書。

IMGP3977

この資格を取ろうと思ったのは、2011年のインドの旅がきっかけでした。
2011年8月 ジャイプールの学校

ジャイプールで知り合ったブラジル人のマリアが、ジャイプールの学校でボランティアを
していたので私も1日参加させてもらい、子供たちに日本語を教えました。
このときから日本語教師の資格を取って、またインドに戻りたいと思い始めました。
当時は大学に入ったばかりで、大学の勉強が大変だったので、大学のほうが
落ち着いたら、日本語教師の学校に通おうと思い、やっと去年始めることができました。

日本国内での日本語教師の仕事は需要が高まっていて、一緒に学校に通っていた
人たちもすでに日本語教師として働き始めている人もたくさんいます。
ただ、お給料はあまりよくないのが現状。

実は今年の1月、フィリピンから帰ってきてすぐに日本語パートナーズに申し込みました。
日本語パートナーズとは国際交流基金がやっているプログラムで、ASEANの中高や大学で
日本語教師のアシスタントとして8~11か月働くもの。
住居は提供してもらえて、1か月10万円ほどのお給料がもらえます。そしてこのプログラムは
日本語教師の資格を持っていなくても応募することができます。
20~69歳まで応募可能。

私はフィリピンの大学での仕事に申し込んだのですが、なんと落選。
専門学校の先生の話しでは20代の人のほうが受かりやすいとのこと。
実際に同じ学校で学んでいた20代のお友達は何人か合格していて、落ちたのはみんな
30代以上の人ばかり。なんだかなぁってかんじです :(
だったら最初から20代だけ募集すればいいのに。HPでは第1期で派遣された人たちの
紹介がのっていますが、こんな高齢の方たちが合格してるのは1期だけ。
フィリピン2期以降の合格者はほぼ大学生。ちなみに私が応募したのは3期。

計画では今年の年末からしばらく南米に行き、教師の仕事をしながら南米を一周できればと
考えていたのですが、今年入った会社での仕事がとても楽しく、続けるかどうするかは
悩み中です…

 

 

 

日本語教師資格取得」への2件のフィードバック

  1. おめでとうございます!
    ゆうさんはホント頑張り屋さんですね。
    そしてポイントを押さえた要領の良さに舌を巻きます(笑)
    あらっ仕事始められてたんですね~

  2. 潤さん、ありがとうございます!
    40代になって、何も手に職がないことが何だか不安だったというのもあります。
    でも海外で暮らすことを考えた時に、いちばん使えそうで、手っ取り早いのは日本教師かもしれません^^
    今年に入ってから、外資企業で働き始めました!外資、とっても働きやすいです〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中