村上春樹をKindleで

IMGP3758
好きな作家はたくさんいますが、その中でも一番好きなのは村上春樹。
特に好きなのは「めくらやなぎと眠る女」、「ねじまき鳥クロニクル」
そして「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」。

村上春樹の作品は電子書籍になっていないので、手持ちの本をそのうち
PDFにして、iPhoneに取り込もうと思っていました。
何気なく、アマゾンのKindleで村上春樹を検索してみると、なんと
数冊がKindle化されていました!

小説はまだ「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」だけのようで、
そのほかはエッセイがほとんど。

走ることについて語るときに僕の語ること
遠い太鼓
ラオスにいったい何があるというんですか?
やがて哀しき外国語
若い読者のための短編小説案内
意味がなければスイングはない
村上さんのところ コンプリート版2015

今回、携帯をNexus 5Xに変えたので、新しい端末にもKindleアプリをダウンロード。
今までに購入した作品をNexusにダウンロードしようとすると、エラーがでました。
右下に「!」がついている作品が、ダウンロードできないもの。

さらにその作品をタップするとこのようなエラー画面がでます。
すでにダウンロード数を超過しているためダウンロードできない、とのこと。

調べてみると、Kindleは6つまでのデバイスにダウンロードできるようで、
それ以外のデバイスにダウンロードしたい場合は、今までに登録しているデバイスを
削除しなければならないようです。

アマゾンのマイキンドルというページを見てみると、なんと10台の端末を登録してました。
歴代のiPhone4台、タブレット3台、iPod タッチ、アンドロイド2台。
これをIpodタッチとアンドロイド1台だけ残して、それ以外は全部削除。
これですべての作品を新しい携帯にダウンロードすることができました!

そして今回購入したのは「遠い太鼓」
これからほかの作品もどんどんKindle化してもらいたいです。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中