デルフィ

ずっとずっと憧れていたデルフィへ。
パルナッソス山のふもとに位置するデルフィは
古代ギリシャでは世界の中心と考えられていた場所。
デルフォイの神託といえば、耳にされたことがあるかもしれません。

デルフィのアポロン神殿で告げられる信託(神の言葉)に
よって当時の政策なども決定されていました。
当時、ソクラテスの友人がデルフィで「ソクラテスより
賢い人間はいない」と告げられたことがプラトンによって
書き残されています。

さて、デルフィへの行き方ですが、アテネからデルフィへは
1日5本のバスが出ています。(2015年8月時点)
上はデルフィからアテネへのバス、下はアテネからデルフィ。
左から月曜、火曜と並んでいます。

 

 

私は17時半のバスに乗ることに。
バスはLiossion(リュシオン)バスターミナルから出ています。
シンタグマからメトロに乗り、Attiki(アティキ)駅へ、5駅です。

 

Attiki駅に着いたら、Liossionと表示のある出口から出れば
バス停があります。
ここからバスターミナルまではバスで3駅。
バス停あたりにチケットを買うところがなかったのですが
人に尋ねると、3駅なんだからチケット不要!と言われ
またまた無賃乗車してしまいました…

 

バス内ではアナウンスがないので、人にきいて
バスターミナル近くでおりました。
バス停からバスターミナルまで歩いて1分くらい。

17:30のバスに乗るために16時にはバスターミナルに
行きましたがバスは予約でいっぱいで、ウェイティングリストに
名前を入れてもらい、出発10分前くらいに名前を呼ばれ
チケットを買うことができました。
私より後に来た人たちは乗れなかったようです。
事前に予約をしたほうが安心です。

チケットは16.4ユーロ。
バスの写真を撮り忘れているのですが、
トイレもついている大きなバスで、途中20分ほど
休憩がありました。

 

デルフィまでは3時間ほど。
途中、とっても素敵な街を通ったので、隣の女の子に
聞いてみると、Arachovaという街で、冬の休暇などで
人気の場所とのことでした。
写真を撮るのを忘れていたので、ネットで拾ってきた写真を
載せておきます。

 

Arachovaからしばらくしたらデルフィに到着しました。

バスはデルフィのメインストリートの一番端にとまります。
この大きな2本の木が目印。
帰りのバスのチケットはこの木の後ろにあるカフェで買うことができます。
アテネ行のバスもこの場所にとまります。

 

メインストリート
翌朝早くに撮ったのでまだ誰もいません。
この道は端から端まででも500mくらいしかありません。

 

小さいスーパーが何件かありました。

 

バス停の近くにある眺めが素晴らしいカフェ。

 

 

 

デルフィ」への2件のフィードバック

  1. 私がデルフィに行ったのは2000年のことですので、もう行き方を忘れてしまいました(笑)アテネからのバスは運ちゃんがタバコを吸うわ音楽をかけるはで、運ちゃんの思いのままだったです。私も古代ギリシア神話とかが好きでデルフィに行ったんですが、デルフィの空気が何となく神聖な物に感じたのは気のせいですかね?アクロポリスとかポセイドン神殿も同じ雰囲気でしたが、デルフィは特別な感じでした。あの写真のカフェにも寄りましたよ♪私はデルフィ~メテオラに向かいました。

  2. さすがゆったさん!デルフィやメテオラにも行かれてるんですね!そう、海外のバスのドライバーって自由ですよね~スペインで乗ったバスのドライバーもバス停でないところで突然止まって外でたばこ吸い始めたときにはびっくりしました^^ゆったさんもギリシャ神話がお好きなんですね!デルフィはほんとに神聖という言葉がぴったりの場所でした!あの空気、言葉でとても言い表せないですが、すごかったです今までの人生で一番好きな場所かも!って思いました^^ポセイドン神殿とメテオラは今回は行けなかったので、絶対に絶対にまたアテネに行こうと思います♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中