ガラタ橋

ブルーモスクの朝の礼拝が終わったあとはガラタ橋へ。

鯖サンドが食べたかったのに、朝7時すぎなのでまだお店はどこも
閉まっています。
10時に空港に戻るまで、まだ3時間あるので橋の下の開店前の
カフェのテラスの椅子に座ってしばらく読書をしながら待つことに。

このとき読んでいたのはKindleに入れていた「死神の浮力」。
伊坂幸太郎の「死神の精度」の続編です。
こちらの作品は映画化されていて、死神の千葉は金城武が演じています。
私は伊坂幸太郎の作品が大好きで、Kindleにすべて入れています。
伊坂幸太郎の作品の登場人物たちってみんなすごく魅力的。
一番好きなのは「チルドレン」の陣内。白いカラスを「これは白じゃない、
薄い黒だ」って言っちゃうくだりなんて、惚れる!

しばらくすると、カフェのオーナーがやってきたので
勝手に座っちゃったから怒られるかな、って思っていたら
何も言わず、あたたかい紅茶とパンをくれました。
朝早くて少し肌寒かったので、暖かい紅茶とおじさんの優しさが
心に沁みました^^
トルコでの最後の思い出がこんな温かいものとなってくれたことが
とてもうれしい。
ちょうど読み終わった「死神の浮力」もとてもとてもすばらしくて、
きっとこの作品を読み直すときにはこのガラタ橋で過ごした
朝を思い出すんだろうな。

3時間ほど待っていたけれど、いっこうにどこのお店も閉まったまま
だったので、諦めて空港へ。
キョフテもまた食べたいし、トルコへ戻ってくる理由ができました♪

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中